カテゴリー「鉄道」の27件の記事

2012年10月28日 (日)

10月27日 SLニセコ号の旅

今月のトリを飾るのは1年ぶり5回目となる「SLニセコ号の旅」。

去年は主催している自分がダウンしていたので、実施できず・・・

1年ぶりに乗った感想?

「客車が新しくなって気に入らんなぁ~」 (← スハから14系に変更)

 

なんてことがちっぽけなことに思えるくらい車窓からの景色が最高だった。

1210271

1210272

1210273

1210274

紅葉はまさに最高の状態。

キハ150系の前面展望から見えるものも、ニセコ号の車窓から見えるものも鮮やかで本当に綺麗だった。

 

121027

倶知安駅から見た羊蹄山の山頂には積雪が。

121027_2

雪虫も大急ぎで越冬場所へ移動している様子。

 

今回の旅程は以下の通り。

8:20頃 札幌駅4番ホーム SLニセコ号 到着

8:31 SLニセコ号 出発

8:42 小樽行き普通列車 出発

9:44 ニセコ行き普通列車 出発

10:57 倶知安駅 到着

倶知安駅前 散策

11:35 SLニセコ号 到着

11:45 SLニセコ号 出発 (→ 12:27 蘭越)

13:16 SLニセコ号 到着

倶知安駅前 散策

14:04 小樽行き普通列車 出発

14:58 余市駅到着

ニッカウヰスキー 余市工場 見学

柿崎商店

17:44 小樽行き普通列車 出発

18:34 快速エアポート 出発

19:06 札幌駅 到着

 

たぶん3回目以降はこの旅程でほぼ固定。

今回は倶知安駅前での散策を入れてパンやスイーツの買い出しをしてみた。

121027_3

メインストリートから少し外れたところにあるパン屋だけど、客が絶えない人気店らしい。

ラインナップも充実していて、値段もお手頃。

121027_4

賞味期間が1時間というシュークリームが売っていたので、こっちにも寄ってみた。

他にも100均一のパン屋もあったけど、売り切れたのか店が閉まっていた。

これで次回からは昼食持参ではなく現地調達の目処が立った。

地味にこれが大きな収穫だったかも。

 

倶知安を後にして向かったのは”いつもの”ニッカウヰスキー余市工場。

121027_5

洋風な建物が並ぶ工場内を見学して、ウイスキー博物館内にあるバーではボトルではとても手が出ないウイスキーをワンショットからオーダーすることができる(有料)。

もちろん無料の試飲コーナーもあり、ここで出されているウイスキーも決して安くはない(ボトルで買うと1万円に近くなる)。

これをストレートでちびちび飲んでいるとあっという間に顔が赤くなる。

でも悪酔いはしないのがウイスキーのいいところ。

試飲の後に売店へ行ったのだけど、目当ての梅酒がなくなっていた・・・

(↑ 9月中旬には売り切れてしまったらしい)

自分が作った梅酒と飲み比べしたかったのに・・・

 

最後は「柿崎商店」。

ここではびっくりするくらい安くで新鮮な海鮮物を入手することできる。

2年前のこの旅でもみんなが買って帰った「ふくらぎ」(出世するとブリになる)が2尾で230円。三枚おろし済み1尾が180円。

上手に三枚おろしをする自信がなかったので、三枚おろし済みのものを買って帰る。

それと余市といえば、リンゴ。

「ひめかみ」が出ていたので、それをゲット。

どちらも自分が思っている以上の美味さ。

ふくらぎはプリプリで脂が乗っていて刺身で食べるのが最高。

ひめかみは香りがすばらしい。

素材のみの力で満足できるものを買える店を札幌で探すのは大変だからこういう旅の土産にはちょうどいい。

 

しかし今回の旅では紅葉が見頃ということもあってなのか、乗客が多くて行きも帰りもほとんど座ることができず、SLの写真を撮るにもギャラリーが多い。

ニッカウヰスキーの工場でも団体ツアーが立て続けに来ていたようで、こんなに混雑しているのは初めて。

ゆったりと旅情を感じる旅にはならなかったのが残念ではあるけど、天気も紅葉もここまでコンディションが揃うのはなかなかないと思う。

 

5回目を迎えることができて、一緒に行っている友達とは共有するものが少しずつ蓄積できいるという感触を持てているので、この旅はこれからも続けていきたいと思う。

2012年9月10日 (月)

台車入れ作業

台車研修場。

点検の終わった車体と台車をひとつにするところ。

大型クレーンを2台使って見せてくれたワザは簡単にやっているようで、かなりの熟練度が必要そうなもの。

 

1209101

1209102_3

車体だけでも40t近くあるから20tクレーンを2台使う。

自分よりも年上のクレーンがまだまだ現役でいい仕事をしていた。

 

1209103_2

台車を吊り上げる枠を車体の下に差し込む。

 

1209105

1209104_2

見ている人の近くまで寄せてくれて、車体の下を見せてくれるサービス♪

 

最後は慎重に車体を台車の上に載せる。

このあたりのクレーン操作がなんともまた素晴らしかった!

車輪削正

車輪研修場には黒く塗られた真新しい(?)車輪がたくさん並べられている。

 

120910_4

1209102_2

車輪にはラベルが張ってあって、これはキハ183系のものらしい。

 

1209103

旋盤のある部屋に行くとシャフトで1対の車輪になっていて、それらしく見える。

 

1209104

旋盤はこんな感じ。

円盤に車輪を取り付けて、横から削ってやる構造になっている。

 

旋盤自体はプログラムした通りに動いてくれる機械だけど、その微調整をするのに経験と技術がいるらしい。

これも0.0何mmの誤差で調整するんだと思う。

ゴールドサミット溶接

何回見ても飽きないゴールドサミット溶接。

苗穂工場だけでなく、岩見沢レールセンターでも見せてもらっているので、いろんな角度から見ているけど、やや横から見るのが見やすいと思う。

 

配布していた資料によると、1本25mの定尺レールをこの溶接でつないで、200m以上のロングレールにする技術とのこと。

モールド(鋳型)の取り付け → 目地砂の詰め込み → ルツボ釜(小型溶鉱炉のようなもの) → 溶解金属・溶解スラグの注入 → 押し抜きせん断器で除去 → グラインダーで仕上げ

 

1209081

1209082

 

 

1209083

1209085

1209084

↑の状態からグラインダーをかけて、(±0.5mm以内)の誤差で仕上げるらしい。

これを現場で次々やっていくんだから、やっぱりスゴイ!

9月8日 苗穂工場公開

例年なら鉄道の日がある10月に行われていた、工場公開を1ヶ月前倒しして9月に開催された。

その意図はわからないけれど、内容はいつもどおりの安定感。

やっぱり技術屋さんが見せてくれるワザはいつ見ても刺激的だ。

 

120910

駐輪場に自転車をとめるときに正面に見える給水タンク(?)

これを見ると苗穂工場に来たなぁ と思う。

 

1209102

西日が差し込む工場内。

奥に見える客車はかなり古そうに見える。

 

120910_2

蒸気発生器と銘板に書いてあった配管と計器だらけの機関。

機関車のどこかで使われているものなんだろうけど、見ている側の想像力をかきたてるものがそこらじゅうにあるのは工場見学の醍醐味だと思う。

 

120910_3

昔の車両と違って、朱色に塗ってあるから少し印象は柔らかくなっているけど、間近で見るとその大きさから「モンスター」という印象を持つラッセル車。

 

120910dmv

 

ますますマイクロバスの改造車になってきたDMV。

民生品を流用しながら鉄路と道路の両方を走れる車両として全国に輸出して欲しいもんだ。

2012年8月11日 (土)

JR東日本 沿線スマイルプロジェクト(福島)本編

思わず目頭が熱くなってしまった。

鉄路ができることの可能性を感じる動画だと思う。

九州新幹線開業CMと同じ手法だけど、SLが力強く走る姿と合わせて見るとまた違ったものに見える。

一度引退したSLが復活して走っている姿に復興へ向かっているマチの姿を重ね合わている人も多くいたんじゃないだろうか。

2012年7月 2日 (月)

急行ニセコ

今日から「北海道デスティネーションキャンペーン」が始まった。

ということで、早速臨時列車を目当てに撮り鉄しにいってきた。

 

撮りに行ったのは別件でも用事があった「ほしみ駅」。

駅の前後が直線なので、シンプルな構図で撮ることができた。

1207011

1207012

ディーゼル機関車が牽引する客車急行というのが、なんとも旅情をそそる。

山線を走る往年の「急行ニセコ」をイメージする人だったら、倶知安峠あたりでカメラを構えていそうではある。

 

この駅でも自分を入れて、6名の撮り鉄がホーム端でカメラを構えていた。

自分は会話に入ることができなかったけれど、濃厚な情報交換が行われていた・・・

ほしみ駅からチャリをとめてある苗穂駅で降りるとものすごい数の鉄ちゃんが一斉に降りてくる。

1207014

そう、回送になった急行ニセコが苗穂駅で機関車の付け替えをするのだ。

その場面を撮ろうと大挙してホームにいる鉄ちゃんたち。

カムイやエアポートが高速で通過する駅だけにちょっとヒヤヒヤしながら見ていたものの、またとない機会であるのは間違いない。

 

SLニセコ号の時に倶知安駅で付け替えをじっくり見ているのと同じで、好きなだけ写真を撮ることができる。

1207013

ヘッドマークの上に南京錠がついているのは初めて知った。

 

2012年6月 2日 (土)

6月2日 札沼線 撮り鉄

札沼線が電化開業してたのをすっかり忘れていた・・・

ということで、GoogleMapとにらめっこしながら、撮影ポイントを考える。

 

行き先は伏籠川にかかる鉄道橋。

1206022012

橋の北側(写真では右側)に踏切があるので、列車が来るまでゆったり待っていられる。

 

1206022011

(201系気動車  絞り f/7.1 露出 1/1600秒 ISO-640)

 

120602733

(733系電車  絞り f/7.1 露出 1/1600秒 ISO-640)

 

基本的なデザインは変わらないんだけど、車体断面が違うので正面からの見た目も違って見える。

201系は裾も天井もすぼまっているのに対して、733系は裾がすぼまっているだけで天井が広くとられている。

 

側面にも凹凸が多い201系に対して、733系は突起物がない。

デザインには好き嫌いが出ると思うが、自分としては「のっぺり」した733系よりも201系の方がいい。

 

今回は乗車していないので、それは次回のお楽しみ。

列車の本数が少なかったけど、お目当ての列車も見られたし、ちょうどいいところにお立ち台もあったので、満足♪

 

 

2012年4月21日 (土)

豊平川鉄道橋 撮り鉄 4月21日

今日は雪があったときには自分が埋まってしまって行けなかった場所で撮影。

 

1204217311

(今日は陽炎が立ち昇るくらい日差しが強かった ※Photoshopの加工ではない)

 

120421283

(柱が一本邪魔ではあるけど、こっちの方が長い編成を収めやすい)

 

1204217312

(あんなところにフキノトウ?)

 

1204211

(列車が来るのを待っていたら、足元にツクシを発見!)

 

1204212

(コハコベと思われる花も発見!)

 

途中から鉄道以外のものに興味が移ってしまい、カシオペアを待つことなく帰路に着いた。

でも下流側から上り方面を撮るアングルはなかなかいい場所だったので、またの機会にしよう。

とか言ってるうちに草が生えて撮る気がなくなるかも・・・

 

 

2012年3月16日 (金)

ダイヤ改正とお疲れさま

ダイヤ改正となると、国鉄時代の列車が引退するというニュースを毎年のように聞いているような気がする。

 

数多くあったブルートレインも車両が新しくなったのは「サンライズ」と「カシオペア」くらい。

国鉄時代から使ってきた客車も陳腐化して、耐用年数も限界にきているものがほとんどだと思う。

 

今回の春ダイヤ改正では「日本海」と「きたかぜ」が廃止。

さらに初代のぞみの300系も引退となった。

「きたかぜ」の写真はないので、日本海と300系。

 

070520

(2007年5月 京都駅)

 

100226

(2010年2月 東京駅)

 

友達の結婚式や出張のときに撮っておいて良かった。

300系は子どもの頃にデビューしたのに、もう引退なのかと思ってしまうけど、毎日270kmで走っていれば引退も早くなってしまうのは仕方ない。

 

高度経済成長を支えてくれた列車にお疲れさま。

どこかの博物館で静態展示でもされてるといいな。

 

 

その他のカテゴリー