« 10/13 長沼~栗山~美唄 ドライブ | トップページ | 10月27日 SLニセコ号の旅 »

2012年10月28日 (日)

10月7日 TANtanまつり

先月の流れで産業遺産のイベントから始まった10月。

行き先は「住友赤平炭鉱」があった赤平市。

ダイヤの関係で始発で行かねばならんということで、一緒に行ってくれる人はおらず今月のイベントでは唯一のソロ活動。

121007

手前が乗ってきた旭川行き普通列車。

滝川で乗り換えて、根室線で赤平へ。

 

到着は8時すぎ。

まつりが始まるのは10時。

ということで、向かったのが「山平菓子店」

121007_2

昔ながらの菓子パンを置いていて、コッペパンにクリームをサンドしたものはとても懐かしい気持ちになった。

カメラを首から下げていたので、「どこから来られたの?」と店主(奥さん)から声をかけてもらい、「TANtanまつりに来たんです」と話しているうちに店主(ご主人)が出てきて、話はカメラから昆虫、炭鉱があった当時の話しまで広がって、そうしているうちにお茶まで出してもらってのんびりしてしまった。

気づけばまつりが始まる時間。

パンを食べながら会場へ移動。

 

10時からのプログラムは「立坑櫓内公開(ガイド付き)」。

1210071

ちゃんとヘルメットも装備して櫓内へ入っていく。

1210072

1210073

1210074

121007

ここは廃墟ではなくて「稼働していないだけ」の施設といった趣き。

時間が止まったまま保存されているような感じ。

立坑櫓の内部が保存されていること自体希少だし、そこを定期的に公開してガイド(元炭鉱マン)もしてもらえる場所は他にはない特長だと思う。

これは保存しようという人たちの熱意があってこそだと思うし、元炭鉱マンが語ることで重みがあるイベントだと思った。

 

午後のプログラムまで時間があったので、立坑櫓を眺めることができる草原で昼食。

1210072_2

坑口浴場と自走枠工場も特別に公開されていたので、見に行ってみることに。

 

1210071_2

1210072_3

ここも時間が止まったような空間だった。

 

121007_2

121007_3

自走枠工場のすごいところはエアーを入れれば動かせる状態で保存されていること。

しっかりメンテナンスされていて、レバーなどは簡単に動く。

一部の機械には実際にエアーが入れられていて動いているところも見せてもらった。

ここもまた保存に対する熱意を感じられる場所だった。

 

午後からのプログラムは「坑口巡り」。

1210071_3

1210072_4

これも元炭鉱マンによるガイドがついて、山の中に入っていく。

全部で11箇所。

もちろんすべて蓋がされているものの、「坑口」をわかる状態で残っている。

住友赤平炭鉱自体が1994年まで操業していたこともあり、こうした遺構は比較的綺麗に保存されている。

幌内景観公園のような手入れの行き届いた状態ではないものの、見て回るには十分な状態だったと思う。

 

夜は立坑櫓のライトアップというプログラムも残っていたけれど、ちょっと体力の限界・・・

坑口巡りを終えて、駅へ向かっているとTANtanまつりのスタッフさんに声をかけられた。

「駅まで乗って行きますか?」

ちょっと体が重くなっていたので、とても助かった。

共通の知人がいることもわかったので、名刺交換をさせてもらい駅で降ろしてもらい帰路に。

 

この日の車中では行きも帰りもほとんど記憶がなく、寝てばかりだった。

ちょっと体力的にキツかったらしい。

それでも普段見ることのできない場所やモノに出会い、貴重な話を聞かせてくれる人たちに出会うことのできた旅だった。

« 10/13 長沼~栗山~美唄 ドライブ | トップページ | 10月27日 SLニセコ号の旅 »

産業遺産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1526067/47613046

この記事へのトラックバック一覧です: 10月7日 TANtanまつり:

« 10/13 長沼~栗山~美唄 ドライブ | トップページ | 10月27日 SLニセコ号の旅 »