« ゴールドサミット溶接 | トップページ | 台車入れ作業 »

2012年9月10日 (月)

車輪削正

車輪研修場には黒く塗られた真新しい(?)車輪がたくさん並べられている。

 

120910_4

1209102_2

車輪にはラベルが張ってあって、これはキハ183系のものらしい。

 

1209103

旋盤のある部屋に行くとシャフトで1対の車輪になっていて、それらしく見える。

 

1209104

旋盤はこんな感じ。

円盤に車輪を取り付けて、横から削ってやる構造になっている。

 

旋盤自体はプログラムした通りに動いてくれる機械だけど、その微調整をするのに経験と技術がいるらしい。

これも0.0何mmの誤差で調整するんだと思う。

« ゴールドサミット溶接 | トップページ | 台車入れ作業 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1526067/47026872

この記事へのトラックバック一覧です: 車輪削正:

« ゴールドサミット溶接 | トップページ | 台車入れ作業 »