« 9月8日 苗穂工場公開 | トップページ | 車輪削正 »

2012年9月10日 (月)

ゴールドサミット溶接

何回見ても飽きないゴールドサミット溶接。

苗穂工場だけでなく、岩見沢レールセンターでも見せてもらっているので、いろんな角度から見ているけど、やや横から見るのが見やすいと思う。

 

配布していた資料によると、1本25mの定尺レールをこの溶接でつないで、200m以上のロングレールにする技術とのこと。

モールド(鋳型)の取り付け → 目地砂の詰め込み → ルツボ釜(小型溶鉱炉のようなもの) → 溶解金属・溶解スラグの注入 → 押し抜きせん断器で除去 → グラインダーで仕上げ

 

1209081

1209082

 

 

1209083

1209085

1209084

↑の状態からグラインダーをかけて、(±0.5mm以内)の誤差で仕上げるらしい。

これを現場で次々やっていくんだから、やっぱりスゴイ!

« 9月8日 苗穂工場公開 | トップページ | 車輪削正 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1526067/47026699

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールドサミット溶接:

« 9月8日 苗穂工場公開 | トップページ | 車輪削正 »