« バッタ、ガ、虫こぶ | トップページ | ゴールドサミット溶接 »

2012年9月10日 (月)

9月8日 苗穂工場公開

例年なら鉄道の日がある10月に行われていた、工場公開を1ヶ月前倒しして9月に開催された。

その意図はわからないけれど、内容はいつもどおりの安定感。

やっぱり技術屋さんが見せてくれるワザはいつ見ても刺激的だ。

 

120910

駐輪場に自転車をとめるときに正面に見える給水タンク(?)

これを見ると苗穂工場に来たなぁ と思う。

 

1209102

西日が差し込む工場内。

奥に見える客車はかなり古そうに見える。

 

120910_2

蒸気発生器と銘板に書いてあった配管と計器だらけの機関。

機関車のどこかで使われているものなんだろうけど、見ている側の想像力をかきたてるものがそこらじゅうにあるのは工場見学の醍醐味だと思う。

 

120910_3

昔の車両と違って、朱色に塗ってあるから少し印象は柔らかくなっているけど、間近で見るとその大きさから「モンスター」という印象を持つラッセル車。

 

120910dmv

 

ますますマイクロバスの改造車になってきたDMV。

民生品を流用しながら鉄路と道路の両方を走れる車両として全国に輸出して欲しいもんだ。

« バッタ、ガ、虫こぶ | トップページ | ゴールドサミット溶接 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1526067/47026443

この記事へのトラックバック一覧です: 9月8日 苗穂工場公開:

« バッタ、ガ、虫こぶ | トップページ | ゴールドサミット溶接 »