« 6月4日 手稲山北尾根 山行 | トップページ | 手稲鉱山の遺構 »

2012年6月 6日 (水)

ギンリョウソウ

6月に入ったばかりで少し早い気もするが、出始めの新鮮な姿を見ることができた。

 


イチヤクソウ科 ギンリョウソウ Monotropastrum humile

1206041_2

1206042_3

1206043_2

 

高さ8-15cmの葉緑素を持たない菌寄生植物。

全草が蝋細工のような透明感のある白色。

茎は直立して楕円形で鱗片状の葉が多数互生する。

花は横向きに1個つき長さ2cm前後。葉と同型のがく片が2-3枚。花弁が3-5枚ある。

果実は白い液果。

秋には全草が黒く腐る。

漢字:銀竜草

花期:6-8月中旬

環境:山地の樹林の下

分布:日本全土

 

【参考文献 : 「新北海道の花」 梅沢俊 2007年 第1版】

« 6月4日 手稲山北尾根 山行 | トップページ | 手稲鉱山の遺構 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギンリョウソウ:

« 6月4日 手稲山北尾根 山行 | トップページ | 手稲鉱山の遺構 »