« 雨の日の虫たち | トップページ | 茂漁川 »

2012年6月27日 (水)

バイカモ

流水に生えている種を見たのはこの種が初めて。

場所は事前に聞いていたものの、見つけたときの感動はやはり格別。

 


キンポウゲ科 バイカモ Ranunculus nipponicus var. submersus

1206221

1206222

1206223

 

中空の茎が水中に伸びて長さ1-2mになる多年草。

水中葉は長さ2-6cmで3-4回3つに裂け、裂片はさらに分裂して終裂片は糸状になる。

花は水中でも咲き、径1-1.6cm。

花弁とがく片は5枚あり、花床は有毛、雌しべも有毛で果期にも残る。

漢字:梅花藻

花期:6-8月

環境:清流や水のきれいな湖沼

分布:北・本

 

【参考文献 : 「新北海道の花」 梅沢俊 2007年 第1版】

« 雨の日の虫たち | トップページ | 茂漁川 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイカモ:

« 雨の日の虫たち | トップページ | 茂漁川 »