« 手稲鉱山の遺構 | トップページ | コケイラン »

2012年6月14日 (木)

6月13日 豊平川サイクリング

身近な豊平川をチャリでどこまで遡上できるか

そんなノリで走りだしたのが11時過ぎ。

120614

約6時間半かけて50kmを走ったGPSログ。

太ももやら臀部が痛かったけど、翌日の疲れはあまり残っていないのが嬉しい。

 

河川敷の道は真駒内で終わってしまうので、そこから先は石山通を走ったり、川沿いの道を走ったりしながら、休憩がてら寄り道をしていく。

1206142

住宅街の中に真っ直ぐな舗装されていない道・・・ → 鉄道?

あ! 定鉄!

1206141

昼休みに使おうと思った「藤野東公園」。

そこは定鉄の藤の沢駅の跡に作られた公園だったらしい。

下調べなしに動いていたのに見つけられたのは本当に幸運だった。

 

今回の目標は「北海道地質百選」のサイトに掲載されていた、豊平川の生痕化石。

【 北海道地質百選 http://www.geosites-hokkaido.org/index.html 】

120614_2

生痕化石と言うと、正しくは巣穴などを指すようだが、今回見つけられたのは貝化石。

去年、小金湯で化石掘りをしたときには鉱石ばかりで、化石だとわかりやすいものを見つけられただけでも十分な収穫だった。

120614_3

貝化石を見つけたの場所は八剣山を望む自然の中。

ここがかつて海の底だったことを貝化石から知る。

 

帰りは豊平川の左岸沿いを走っていく。

1206142_2

1206141_2

さっき眺めていた八剣山の下に掘られた「八剣山トンネル」

ずいぶん新しいトンネルで、歩道の幅も十分にあるからトンネル内を観察しながらゆっくり走ることができた。

トンネル内をじっくり見るなんてめったにできないからすごく新鮮だった。

 

かつて豊平川沿いには定山渓鉄道と本願寺道路(旧国道230号)があった。

その本願寺道路の宿場として建てられたのが「簾舞通行屋」。

120614_4

1206142_4

ここに着いたときには閉館の16時を過ぎていたので、外観を見てまわった。

中は資料館になっていて、定鉄の資料もあるらしいので、ちょっと残念。

 

帰りはほとんど下りだったので、あっという間に真駒内まで移動することができた。

ということで、少しだけタモ網でガサガサ。

120614_5

スジエビは入るんだが、お目当てのフクドジョウが入らん・・・

と思ったら、カジカが入った!

120614_7

実は今年の飼育目標魚だったので、そそくさと帰宅。

もう少し隠れ家になる石を入れてやらんとなぁ

 

まぁ そんな感じで何がメインテーマだったのかわからなくなるくらい寄り道しまくったサイクリングでした。

 

天気:曇のち晴れ 最高気温18.7℃ 最低気温9.9℃ 平均風速6.4m/s

【気象庁「気象統計情報」 http://www.jma.go.jp/jma/menu/report.html

« 手稲鉱山の遺構 | トップページ | コケイラン »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1526067/45651438

この記事へのトラックバック一覧です: 6月13日 豊平川サイクリング:

« 手稲鉱山の遺構 | トップページ | コケイラン »