« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の17件の記事

2012年5月27日 (日)

スミレ

○○スミレという種が多いうえに、スミレよりも見かける機会が多いもんだから「スミレみつけたよ!」と言っても正しく伝わるのかどうか?

「ただのスミレ」「無印スミレ」とでも言えば伝わりやすいのか?

と、いらぬことを考えながらも発見した喜びを誰かに伝えたくて仕方ない。

 


スミレ科 スミレ Viola mandshurica

1205241

(ひときわ色が濃い花。特徴的な葉。)

 

1205242

1205243

 

高さ5-20cmの多年草。地上茎のないスミレ。

葉は何枚も根元から出て、長さ3-9cmの細長いへら状~鉾形で有毛または無毛。

先はとがらず柄に顕著な翼がある。

花は径2cmほどで花弁は5枚あり、側花弁基部は有毛。

唇弁中央部は白地に紫色の筋が入る。距は長さ4-7mm。

漢字:菫

花期:5-6月

環境:海岸~低山の陽地

分布:北・本・四・九・屋久島

 

【参考文献 : 「新北海道の花」 梅沢俊 2007年 第1版】

2012年5月26日 (土)

ミドリニリンソウ

ニリンソウは野幌でも白旗山でも見るけれど、ミドリニリンソウとなると藻岩山周辺で見る印象が強い。

 


キンポウゲ科 ミドリニリンソウ
Anemone flaccida F.Schmidt f. viridis Tatew.

1205241

(左はニリンソウ。右はがく片がほぼ全て緑色になっているミドリニリンソウ。)

 

1205242_2

(よく見るミドリニリンソウ)

 

1205243

(八重咲きになっているミドリニリンソウ)

 

 

(※ 以下、ニリンソウの解説)

高さ15-30cmの変異の大きい多年草。

根出葉は数枚つき、長い柄があって3全裂し、側裂片はさらに2深裂するので5つに裂けたように見える。終裂片の先はさらに切れ込む。

花柄の基部に柄のない苞葉が3個輪生し、深い切れ込みがある。

花は1-4個つき径2.5cm前後。

花弁状のがく片が5-7枚あり、形は変異が大きい。

果実には白い毛が密生する。

漢字:二輪草

花期:4-6月

環境:低地~山地の明るい林内

分布:北・本・四・九

 

(※ 以下、ミドリニリンソウの解説)

がく片が緑色の型を品種ミドリニリンソウといい、その変異幅は広い。

 

【参考文献 : 「新北海道の花」 梅沢俊 2007年 第1版】

【学名検索 : 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList) 

http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html

5月24日 藻岩山 山行

今回の目標は心肺機能の向上。

それなりの勾配があるところを花を見ながら登る。

ということで、藻岩山を選択。

120524

ログはこんな感じ。

慈恵会入口~馬の背分岐~小林峠入口~盤渓市民の森

約5時間で8.5kmくらい。

1週間前の白旗山に比べて、距離も時間も短いけれど、体力的にはかなりきつかった。

エゾハルゼミが鳴くくらい気温が高かったのも消耗に影響したと思う。

 

120524_2

円山公園駅からバスに乗って慈恵会病院の前で降りると自分と同じような格好をした人がゾロゾロと降りていく。

病院に通っている高齢者ではなく、藻岩山に登る高齢者の方々。

ほぼ日参しているであろう女性はお地蔵さまに手を合わせてから登っていった。

自分も登り始めると降りてくる人たちとすれ違う。それも結構な人数。

野幌森林公園と同じようにこの山にも古くから守り続けられている自然が残っている。

きっとその自然が人を惹きつけるんだろう。

 

そういう意味ではこの人工物は少し異質だ。

120524_3

このコンクリートは進駐軍専用スキーに作られたリフトの基礎の部分らしい。

(※ 参照「札幌スキー場」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E5%A0%B4 )

周辺には巨木がなく、少し開けている。

昭和33年に閉鎖されてから54年。この基礎以外はスキー場があった気配も感じないくらい植生も戻りつつある。

 

息を切らせて馬の背分岐まで一気に登ったところでひと休み。

登るのはここで終わりにして、ひなたぼっこしている昆虫たちを撮る。

120524_4

(イタドリハムシ タデ科が食草)

 

120524_5

(カツオゾウムシ タデ科が食草)

 

120524_6

1205242

(ハナウドゾウムシ セリ科が食草)

 

小林峠入口は行ったことがないので、この機会に行ってみることにしたが・・・

急にすれ違う人は減るし、森の雰囲気もなんだか違う。

120524_7

この巨木はなんともいえない佇まいだった。

 

藻岩山を含めて、ここから先はヒグマの生息地でもある。

人の気配も少ないので、熊鈴をつけて進む。

つづら折りを下っている途中で大きな落とし物発見!

120524_8

大型犬くらいの糞。

この時期のヒグマにしては植物質が少ない。

ということで、ヒグマではないだろうと思いながら先へ進むと・・・

「黒い背の低いのが歩いてる!」「もしかして子グマ???」

「ってことは、近くに母グマがいる?」「どっちへ逃げても鈴の音で追われる?」

 

とか、いろいろ考えているとくちばしが見えた。

120524_9

一気に脱力。

「カラスかい・・・ びっくりさせすぎ」「ていうか、なんで歩いてるんだ?」

どうやら飛ぶのがイヤらしい。しばらく後ろを歩いていても飛んでいかない。

かなり近づくとようやく近くの木に移動してくれた。

もしかすると羽を怪我しているのかもしれないが、心臓に悪いカラスだった。

 

その後の盤渓市民の森でもカラスに付きまとわれてしまい、カラスに悩まされた山行になってしまった。

巣の近くを通ったときの威嚇行動でもなかったし、なんだったんだろう?

 

天気:晴れ 最高気温21.2℃ 最低気温13.7℃ 平均風速4.9m/s

【参考文献 : 「札幌の昆虫」 木野田君公 2006年 第1版】

【気象庁「気象統計情報」 http://www.jma.go.jp/jma/menu/report.html

2012年5月21日 (月)

5年の付き合い ウーパールーパー

そう考えると長くウチにいてくれたと思う。

 

知人のところですでに成体になっていたウーパルーパー(マーブル)が我が家にやってきたのは2007年2月7日。

それから5年とちょっと。

お別れの日がやってきた。

 

愛嬌のある見た目と仕草で癒しをくれたウパさんはもういない。

いなくなった水槽を綺麗にしてエアーポンプで水槽は回しておく。

またマーブルを飼うかもしれないし、違う主が入っているかもしれない。

そのときまでしばらく水槽は空っぽ。

 

120520

120520_2

札幌の金環日食

札幌の天気は「晴れ」

前日に天気予報を見てから準備をしたわりにはうまく観察できて満足♪

ネガフィルムを3枚重ねにしてカメラのレンズの前にくっつけると太陽が欠けていく様子がしっかり観察できた。

でも肉眼では眩しくてダメ。

デジカメとネガフィルムの組み合わせで観察できたのがこれ ↓

 

120521645

(6:45頃 自宅より)

 

120521726_2

(7:26頃 豊平川河川敷より)

 

120521740

(7:40頃 豊平川河川敷より)

 

120521751

(7:51頃 豊平川河川敷より)

 

120521815

(8:15 豊平川河川敷より)

 

時計で言うと、2時の方向から月が入ってきて、最大時には2時~6時までが欠けて、終わりは8時の方向に抜けていく感じ。

カメラ越しに太陽の様子がどんどん変化していくのを見ることができたのは、本当に貴重な体験だったと思う。

 

それと、豊平川に移動してからはどんどん寒くなって、薄暗くなっていくのを体験することができた。

日食が終わると何事もなかったように暖かくなったから、太陽が地球を温めているんだなぁ と改めて知る機会になった。

 

2012年5月20日 (日)

オオバナノエンレイソウと近似種・変種・品種

植物友の会の観察会で一番最初にびっくりしたのが、オオバナノエンレイソウだと思っていたものを指して別の名前を次々言っている人たちを見たこと。

とりあえず、簡単な見分け方。

・ 上向きに咲いているのがオオバナノエンレイソウ

・ 下向きに咲いているのがミヤマエンレイソウ

・ ミヤマエンレイソウの花弁が紫色になっているのがムラサキエンレイソウ

・ ミヤマエンレイソウの子房が紫色になっているのがエゾミヤマエンレイソウ

 


ユリ科 オオバナノエンレイソウ Trillium camschatcense

120519_2

1205113

 

高さ30-70cmの多年草で群生することが多い。

葉は3枚輪生し、広卵状菱形で先がとがる。

花は茎頂から出る柄の先に1個。上~斜め上につく。

花弁は3枚あり、大きいもので長さ6cmを超え、ふつう広卵形で先はとがらないが、変異が大きく、細長い型もある。

雄しべは6本あり、雌しべより長く、葯の長さは花糸の3倍ほど。

子房の先が濃い紫褐色となる。

漢字:大花延齢草

花期:5-6月

環境:低地~低山、時に亜高山の明るい林内や草地

分布:北・本(北部)

 


ユリ科 ミヤマエンレイソウ Trillium tschonoskii

120519_3

 

オオバナノエンレイソウの近似種。

花が横~斜め下向きに咲く。

花弁は長卵形でがく片とほぼ同長の長さ3cm前後。

先がとがり、葯は花糸とほぼ同長。

果実は円錐形で6稜が顕著。

漢字:深山延齢草

花期:5-6月

環境:山地の広葉樹林内

分布:北・本・四・九

 


ユリ科 ムラサキエンレイソウ 
Trillium tschonoskii Maxim. f. violaceum Makino

120519_4

 

花弁が咲き始めから淡紫色のものを品種ムラサキエンレイソウという。

 


ユリ科 エゾミヤマエンレイソウ 
Trillium tschonoskii Maxim. var. atrorubens Miyabe et Tatew.

120519_5

 

子房が暗紫色のものを変種エゾミヤマエンレイソウという。

 

【参考文献 : 「新北海道の花」 梅沢俊 2007年 第1版】

【学名検索 : 「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)

http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html

タチツボスミレ

(※ タチツボスミレではないかという指摘があったので、記事を修正しています)

↓は記事を書いたときの心境。 やはり自信がなかったらしい・・・

 

地上茎がないからミヤマスミレだろうと思っているけれど、葉の特徴が図鑑の記述と一致しない・・・

かといって、スミレサイシンやアオイスミレは距が短い。

ミヤマスミレだと言い切れない歯切れの悪さはあるものの、多少の変異は許容範囲にしておいて、記事にする。

ちなみにいままで品種のフイリミヤマスミレは見たことがあるものの、ミヤマスミレは今まで見落としていたのかライフリストでは初見となった。

 


スミレ科 ミヤマスミレ Viola selkirki
スミレ科 タチツボスミレ Viola grypoceras

1205191_2

1205192_2

1205193_2

 

解説はシロバナタチツボスミレで書いているので割愛。

 

 

シロバナタチツボスミレ

距まで白いタチツボスミレ。

距だけが紫色のものはオトメスミレと呼ばれるらしい。

葉や花の特徴はタチツボスミレそのもので、エゾノタチツボスミレの白色種とは花の特徴も一致しない。

この株では花弁の基部に薄く紫色が残っていた。

 


スミレ科 シロバナタチツボスミレ Viola grypoceras f. albiflora

1205191

1205193

 

(※ 以下、タチツボスミレの解説)

高さ5-15cmで花後さらに大きくなる多年草。地上茎のあるスミレ。

茎や葉柄は無毛か短毛が生える。

葉は長さ2-4cmの心形で、葉柄基部には櫛歯状に裂けた托葉がある。

花柄は葉腋と根元から出る。

花は径1.5-2cmで花弁は5枚あり、側花弁内側には毛がない。

距はやや細く、長さ5-8mmで紫色。

漢字:立壷菫

花期:5-6月

環境:低地~山地の明るくやや乾いた所

分布:日本全土

 

【参考文献 : 「新北海道の花」 梅沢俊 2007年 第1版】 

2012年5月17日 (木)

アオチドリ

今シーズン初めてのランはアオチドリ。

スミレも好きだけど、食傷気味・・・

存在がレアな気がするラン科は見つけると心が踊る。

 


ラン科 アオチドリ Coeloglossum viride var. bracteatum

1205171_2

1205172

1205173

 

高さ15-40cmの多年草。

葉は2-4枚が互生する。葉身はやや肉質で長さ4-10cmの長楕円形。

花は総状に多数つき、苞(ほう)は葉状で花よりはるかに長い。

がく片は3枚が兜状となり、側花弁はその中に隠れる。

唇弁は長さ1cmほどで先が3裂するが中裂片は微小。

距は長さ約3mm。しばしば花軸や唇弁、子房が紫褐色をおびる。

漢字:青千鳥

花期:5-7月

環境:山地の林内や草地

分布:北・本(中部以北)・四

 

【参考文献 : 「新北海道の花」 梅沢俊 2007年 第1版】

 

※追記

その後、紫褐色が強い個体と緑色の個体を発見。

120524_4

120524_5

5月17日 白旗山 山行

目覚めてから起き上がるまでずいぶん時間のかかった朝だけど、起きてから朝日を浴びたら元気になって、前に調べていた白旗山の行き方をもとに今日のルートを設定。

高低差はあまりないようなので、長い距離を歩くことを目標にスタート。 

120517gps

今日のログ。

7時間28分、17.8km 真栄入口~白旗山~ふれあいの森~西岡水源地 という行程。

ちょっと長すぎた感は否めないが、歩き通せたので結果オーライということにしておこう。

 

白旗山=山菜採り というイメージが自分の中で出来上がっていたのだけど、自分の予想を超える人が山に入っていてびっくり。

看板には「持ち帰るのはひとつかみ」と書かれているが・・・

120517

真栄の入口だけで、この状態。

資源に対して、採りに来る人の方が多いんじゃないだろうか?

 

そんな人たちを横目にカメラで花を撮り、鳥を撮り、虫を撮る。

ひとまずピークハントしてから考えよう ということで、山頂へ向かう。

120517_2

結構な急登が直前で待っていたけど、休みながらゆっくり登る。

120517_4

円山よりも高くて、藻岩山よりも低い。

今の自分にはちょうどいい高さだった。

 

山頂では展望がなかった代わりにふれあいの森へ降りる途中にある東屋からの展望がなかなかよかった。

120517_5

左手は恵庭岳。右手は空沼岳から札幌岳かな。

まだまだ標高の高い山には雪がのこっていて、季節の垂直分布が見える。

 

ふれあいの森で昼食後、沢伝いに緩やかに登っていく。

ここ景色が今日の山行では一番印象に残った。

1205171

といいつつ、天然の苔玉の写真ばかり・・・

この苔玉だけで何種の植物が共生しているんだろう?

 

中央峠でひと休みしてから西岡水源地へ向かってから看板に書かれている距離表示に心が折れそうになった・・・ (中央峠から5.5km)

でも歩き始めたら鳥が寄ってきたり、白いスミレがいたり、今シーズン初のランを発見したりで歩きづめになることなく、ほどよく休めたのがよかった。

 

そしてこれが本当の花見。

野生のエゾヤマザクラが少し花を残してくれていた。

120517_7

 

天気:晴れ 最高気温19.0℃ 最低気温8.1℃ 平均風速2.2m/s

【参考文献 : 「札幌の昆虫」 木野田君公 2006年 第1版】

【気象庁「気象統計情報」 http://www.jma.go.jp/jma/menu/report.html

2012年5月16日 (水)

レンプクソウ

葉と同じような色をしているから見逃してしまいそうな花。

そして和名はちょっとした誤解からつけられた(たまたま根が福寿草と連なっていたのを見た人が名付けたらしい)。

 


レンプクソウ科 レンプクソウ Adoxa moschtellina

1205111_2

1205112_3

120519

 

高さ8-15cmの無毛で軟弱な多年草。

地中に白く細長い根茎を伸ばして群生することが多い。

根出葉は2回3出複葉で、茎には3出複葉が対生する。

花は茎頂に5個集まる。

柄がなく、先端の花冠が4深裂する花が上向きに、その下に花冠が5深裂する花が横向きにつく。

漢字:連福草

花期:4-5月

環境:湿った林内

分布:北・本(近畿以北)

 

【参考文献 : 「新北海道の花」 梅沢俊 2007年 第1版】

ヒトリシズカ

とても特徴的な花をつける。

フタリシズカという種もあるが、見た目はあまり似ていない。

 


センリョウ科 ヒトリシズカ Chlorauthus japonicus

1205111

1205112_2

 

開花後、茎と葉が伸びて高さ15-30cmになる無毛の多年草。

茎の上端に2対の葉が接して十字対生するので輪生状に見える。

葉身は卵形~楕円形で光沢があり、鋭い鋸歯縁。

茎頂に長さ2-3cmの花穂1本つく。

花弁とがく片がなく、花糸3本(基部に葯が2個)と雌しべ1個で花を形づくる。

漢字:一人静

花期:4-5月

環境:低地~山地の明るい林内

分布:北・本・四・九

 

【参考文献 : 「新北海道の花」 梅沢俊 2007年 第1版】

 

 

1205113_2

(開いたばかりのヒトリシズカ)

 

 

2012年5月12日 (土)

コバノカキドオシ

キランソウだと思い込んで図鑑を見たら全然違っていて、しばらく図鑑とにらめっこした種。

思い込みや決め付けは目を鈍らせる。

ユースの森の道路に近い場所にだけ咲いていたことと高さがなく地面に這うように花や葉がついていたことから外来種のコバノカキドオシと判断。

 


シソ科 コバノカキドオシ Glechoma hederacea L.

1205111

 

1205112
  

(※ 以下はカキドオシの解説)

花時の高さが15-20cmになる多年草。その後茎はつる状に伸びて長さ1mほどになる。

葉は対生し、葉身は径2-6cmの円心形で、柄があり鈍い鋸歯縁。

花は葉腋に2-3個ずつつき、花冠は長さ2-2.5cm。

2唇形で大きな下唇は3裂して濃色の斑紋がある。

漢字:垣通

花期:5-6月

環境:野山の林縁や草地

分布:北・本・四・九

 

(※ 以下はコバノカキドオシの解説)

茎が立つ前に開花し、花冠の長さ1.5cmほどで3-5個ずつつく。

原産地:ヨーロッパ

 

【参考文献 : 「新北海道の花」 梅沢俊 2007年 第1版】

【参考HP:「北海道ブルーリスト」http://bluelist.ies.hro.or.jp/db/detail.php?k=08&cd=309

2012年5月11日 (金)

5月11日 円山ユースの森~円山 山行

野幌に行ってから2週間も経っていないのに、季節は一気に進み森の中は緑で溢れていた。

 

1205112

ミズバショウはすでに葉だけになり、キバナノアマナは地上部が倒れてしまっていた。

雪解けの季節はあっという間に終わって、春植物本番という感じだった。

 

でも植物探しをしているとかなりの数の鳥がいることにも気づく。

鳥屋さんが持っているような望遠レンズを持っているわけではないけれど、自分が持っているカメラはそれなりにズームができる。

それを双眼鏡のように使って鳴き声のする方へレンズを向ける。

120511

(スズメ目ヒヨドリ科 ヒヨドリ)

 

120511_2

(スズメ目セキレイ科 ビンズイ  たぶん)

 

120511_3

(スズメ目ヒタキ科 オオルリ)

オオルリだとわかったのはその青い姿を見たとき。

円山を降りているときにすごく惹きつけられる鳴き声が聞こえてきたので、カメラの準備をして少しずつ近づくと遠目にも青いのがわかった。

写真は残念ながらピンぼけになってしまったけど、その鳴き声が聞けただけでも十分。

円山を登るのすら息が上がって大変だった疲れが一気に吹き飛ぶご褒美だった。

 

今日、本当はユースの森を少し散策するくらいで帰るつもりだったのだけど、現時点でどれくらい登れるのか? を試したくて円山を登ることにした。

標高225mの円山でも息切れが激しくて汗だくになってしまった。

とても羊蹄山(標高1892m)を登ったことがある人とは思えない衰えぶりだった・・・

 

それでもやっぱり楽しい!

歩きながら周囲に注意して花を見つける。

鳴き声の方向に当たりをつけて目を凝らす。

五感を総動員して自然を感じるのが本当に楽しい。

 

1205111_2

 

天気:晴れ 最高気温13.3℃ 最低気温4.6℃ 平均風速4.4m/s

【参考文献 : 「札幌の昆虫」 木野田君公 2006年 第1版】

【気象庁「気象統計情報」 http://www.jma.go.jp/jma/menu/report.html

2012年5月 4日 (金)

4月29日 野幌森林公園

前の週に行ったおとんは林内に残った雪でエライ目に遭ったらしいけど、1週間違うだけで林内の様子はずいぶんと違っている。

(↑ 開拓記念館の土偶たちを見に行ったはずなのに・・・)

 

雪はほとんどなくて、地面からはフクジュソウやエゾエンゴサクの花が咲き、地上に出たばかりの綺麗な仏炎苞のミズバショウがたくさんみられた。

120502_3

(フクジュソウだけを狙って撮ったら、後ろにザゼンソウとエゾエンゴサクがいた)

 

そしてこの記事を書く間に札幌は桜の開花宣言と満開が同時にやってくる珍事となっていた。

 

~~~

 

彼女と2人。開拓記念塔から野幌森林公園に入り、のんびり歩きながら気になるものを見つけては止まり、写真を撮ったり、図鑑で調べたり。

120502_4

(ヤナギ科では珍しい対生の冬芽をつけるイヌコリヤナギ)

 

ふれあい交流館で昼食にして、大沢口からもう一度野幌森林公園に入る。

彼女にとっては大沢口に並ぶ巨木たちは畏怖の対象らしく、すっかり腰が引けていた。

その感性に引っ張られたのかカツラの木の前では自分も鳥肌が立って、しばらく木を眺めていた。

いつ見てもこの木の姿からは何とも形容しがたいものが漂っている。

120502_5

(新北海道の名木百選のカツラ)

 

120502_6

張り巡らされた木の枝は空の血管のよう。

青空だったらそうは感じなかっただろうな。

 

今シーズン最初の花見はやっぱり野幌森林公園で正解だったと思う。

視点が2つになったおかげで新鮮に見える場所もたくさんあった。

 

 

フクジュソウ

早春に見られる花弁の数が多い黄色の花となれば、これ以外思い浮かばない。

 


キンポウゲ科 フクジュソウ Adonis ramosa

1205021_3

 

1205023_5

 

高さ10-30cmになる多年草。雪解け後、被われていた鱗片葉から花と葉を出す。

葉は3-4回羽状に細裂し、終裂片は披針形でほとんど無毛。

花は1茎に1-6個つき、径3-4cm。

花弁は20-30個あり、がく片よりやや長い。

花後、有毛の集合果ができる。

漢字:福寿草

花期:4-5月

環境:明るい広葉樹林下

分布:北・本・四

 

フクジュソウは虫媒花なのに蜜を持たない。

その代わりに黄色の花弁が太陽の熱を集めて周囲より温かくなる。

雪解け直後にも動く昆虫はいるものの、自身の体温を上げる場所が少ない。

体の冷えてしまった昆虫にとってフクジュソウは絶好の場所。

暖を取りに訪花する昆虫に花粉を運んでもらうのがフクジュソウの戦略。

120502_2

(フクジュソウとムネアカオオホソトビハムシ)

 

【参考文献 : 「新北海道の花」 梅沢俊 2007年 第1版】

【参考文献 : 「札幌の昆虫」 木野田君公 2006年 第1版】

たぶんヒメカンスゲ

スゲ科の近似種を見分けるのは難しい・・・

オクノカンスゲ:雌小穂の幅は4-5mm。

ヒメカンスゲ:雌小穂の幅が2.5-3.5mmと細い。苞葉基部の鞘が紫紅色で目立つ。

 

実際に雌小穂の大きさを測ったわけではないので、同定のポイントは鞘の色のみというのがなんとも心もとない・・・

 


スゲ科  ヒメカンスゲ Carex conica Bott

1205021_2

 

1205022_2

(雄小穂)

 

1205023_4

(雌小穂)

 

(※ 以下、オクノカンスゲの解説)

高さ15-40cmの多年草。

葉はつやがあり、幅5-20mm。

脈の部分で浅く折れて断面が平たいM字状をし、緑のまま冬を越す。

茎頂に棍棒状の雄小穂を、その下に長い柄のある長さ2-4cm、幅4-5mmの雌小穂を2-4個つける。

果胞は密につき淡緑色でそれより長い鱗片とともに開出する。

柱頭は3個。

漢字:奥寒菅

花期:4-5月

環境:山地の林内

分布:北・本・四・九

 

(※ 以下、ヒメカンスゲの解説)

雌小穂が幅2.5-3.5mmと細く、苞葉基部の鞘が紫紅色で目立つ。

果胞はやや離れてつき、それより長い鱗片とともに斜め上を向く。

分布:北・本・四・九

【参考文献 : 「新北海道の花」 梅沢俊 2007年 第1版】

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »