« キャンドルと木管五重奏と赤レンガ | トップページ | SAPPORO CITY JAZZ  KICK OFF CONCERT »

2011年7月14日 (木)

裁判所へ行ってきた 【第二歩】

今日は親父と二人で裁判所が実施している説明会へ行ってきた。

とても詳しく教えてくれたので、よくわかったのだけど、そのことで判明したこともある。

まずは『親父に免責不許可事由』に相当しそうなものがあること。

住宅を売却しても残るであろうと判断したときに住宅ローンを返そうとして先物取引に手を出していたのは前から知っていたのだが、金額はよく知らなかった。

今日の説明会の中で親父が記入していた金額を見てびっくり。

「先物取引につぎ込んだ金額を返済に回していた方が良かったんじゃない?」と裁判官につっこまれたら返す言葉もない・・・

一応、法テラスか多重債務相談に聞いてみることはしてみるけど、厳しいんじゃないかと思ってしまった。

書類を集める前の段階でダメな気がする・・・

自分の方は月曜に持っていった様式が古すぎて使い物にならないらしいことがわかったけれど、一度調べて書類を作れているだけに札幌地裁からもらった様式に書き換えて作ることはそんなに苦労しないと思う。

揃える書類が当初よりも増えたとはいえ、時間があれば問題ない。

カード会社から取引履歴が届くまでの間になんとかなると思う。

問題は手書きだということくらいか。これが一番パワーを使いそうだ。

説明をしてくれた担当書記官の人も親父は弁護士に相談しないとどうにもわからんという話をしていたけれど、自分の方は一度書類を作っているし、期間も短いからそれほど苦労しないでしょう とのこと。

しかし添付書類を合わせたらどんなに分厚い提出書類になるんだろう・・・

« キャンドルと木管五重奏と赤レンガ | トップページ | SAPPORO CITY JAZZ  KICK OFF CONCERT »

社会復帰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判所へ行ってきた 【第二歩】:

« キャンドルと木管五重奏と赤レンガ | トップページ | SAPPORO CITY JAZZ  KICK OFF CONCERT »